スポンサーサイト【参院選】共産党はなぜ駄目だったか、敗因を読む

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-07 / 政治 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-07-30

2007参院選自民党大敗だったが、それをほぼ民主党に吸い取られた上、関東の選挙区では五十何年かぶりに議席を失ったのが共産党だそうだ。
自民が失った分をいくらか増やして当然かと思ったが、「隠れた敗退」と言えるのかもしれない。


共産は、例によって9条を守る!「愛国心・日の丸・君が代」強制反対、米軍基地問題など、いつも通りイデオロギーの部分をも前面に出してしまった。これが敗北要因の一つだろう。

東京選挙区の田村智子候補のポスターも9条のことが押し出されてた。
「あ、これは駄目だな」と直感で落選を予感した。

今回の争点の中心は、年金・増税等、生活密着のことで完全に読み違えていると言える。
いや、主張を欲張りすぎたと言ったほうが良いか。

一方の民主党にも、在日外国人参政権賛成、靖国神社代替施設建設、沖縄の一国二制度推進といった政策や自治労局次長、元韓国民団職員が出馬と、賛否が分かれそうな部分が多々あったが、「国民の生活が第一」というスローガンで通し、政治と金問題やそういったイデオロギーに関していつもよりはトーンが低かった印象だ。(マスコミは騒いだけれども)
そういった賛否が分かれる問題は政権をとってからやろうというのだろうか。
ここに人気取りがうまい民主党のしたたかさが垣間見られる。

共産党は「確かな野党」として、連綿と思想を守っていく点は評価できる点かもしれないが、時勢を読む柔軟性に欠けていると言える。
比例では9条ネットと内容がかぶっており票が割れた部分もあるかもしれないのだし。

保守派やナショナリストが多いとされる2ch等のネット掲示板にも「共産に入れたいけど、9条云々がなければ…」等という書き込みが目立った。

雇用・労働政策などには一定の評価があるだけに、票を掴み切れていない感がある。
時代に合致しない政党は衰亡する運命かもしれない。


組織票で選挙に強い公明党も神奈川・埼玉選挙区の歴史的敗退で支持有権者の造反が噂されたりと、こちらも変化が見られた。

自民大敗、民主大勝、共産先細り、公明選挙区敗退、全て歴史的と言えるだろう。


それにしても、世界株安でただでさえ冷え込んでいる株式市場だが、株譲渡益税の増税を明言している民主党が参院第1党となったことでどんな影響が出るのだろうか、筆者はそれが気がかりである。

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/119-60b31a1d

ZiP+ | Page Top▲

New >>
大食い・早食いブーム再燃に再び死者発生注意報
<< old
予測できた米株安とドル安 で、何を買えばよいのか?
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。