スポンサーサイト国際都市アキバのお粗末な警官たち

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-06 / 時事ニュース > This Entry [Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-12

いまだに世間では大騒ぎの秋葉原通り魔事件
諸外国でも関心は高い。

そんな中、驚くべき警官の失態が耳に入ってきた。
目撃者によると、
「警棒を落としてその間に2人刺された」
「手錠を持つ手が震えて落とした」
「足を撃てと言われても怖くて銃を取り出せないようだった」
のだという。「おまわりがこれでは日本に来て犯罪をしてくれと言っているようなもの」
と秋葉原に毎週行ってるという高橋氏。

Youtubeなどを通じて知っている人も多いだろうが、
長野の北京オリンピック聖火リレーも中国人のやりたい放題で逮捕されたのは非暴力的な日本人だけ。
日本の警察は外国人に甘いということを世界に知らしめてしまった。

そのうち、海外からわざわざ秋葉原に来て犯罪とか、警察の手の及ばない外国人ギャングが増加などありえないとも限らない。
国際犯罪都市秋葉原、それだけは阻止したい。

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/136-7338bc50

ZiP+ | Page Top▲

New >>
派遣会社大淘汰時代前夜…秋葉原事件も契機に
<< old
【秋葉原通り魔】大量殺人は日本の派遣制度が根底にあった
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。