スポンサーサイト福田首相、新方針「民主も党内反対勢力も不支持国民もぜーんぶ無視!」

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-06 / 政治 > This Entry [Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-18

一見のほほんとした福田総理だが、反対ばかりの野党や支持してくれない国民への逆襲が始まった。
興味のないことはやらないし都合の悪いことには何に対しても耳を貸さないのだ。

・経済・景気対策の事実上放置
・首相問責決議は無視
・拉致問題未解決だが北朝鮮への制裁中止
・消費税上げは今しかないと言及
・内閣改造の声を無視
・パンダ年3億高額レンタル

反対の声もある中でこういったことを淡々とこなしていく。

最近民主党がおとなしいのは民主党が反対しなさそうなことだけを極力やる方針に切り替えたためか。
そういう点では、民主が力を入れている人権保護法や外永住国人地方参政権なども福田の次第であっさり成立だろう。移民法もおそらく賛成。
今まで何でも反対で目立ってきた民主党の影響力は低下必至。
そういう点では計算高いとも言える。

しかし、党内の声が反映されているとも言えず、特に中国べったりの姿勢から、親米の議員らの反発もあろう。
このままわが道を行き長期政権となれば政界再編となるやも。

支持率も一時20%を割り、「チンパン」(チンパンジー+親中国をかけたニックネーム)などとネットで小ばかにされているが、開き直った首相にとってはどうでもいいことかもしれない。
あるいは耳に入るのは大陸からの声だけ?

国民無視の静かなる独裁政治がはじまった。

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/137-84b5f94c

ZiP+ | Page Top▲

New >>
日本人の身長がまた低くなる時代到来か
<< old
派遣会社大淘汰時代前夜…秋葉原事件も契機に
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。