スポンサーサイト毎日新聞の変態低俗記事は牛肉偽装よりもひどいの声

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-06 / 時事ニュース > This Entry [Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-30

毎日新聞の英文サイト「Mainichi Daily News」の低俗英文記事問題が加熱している。
記事は、日本や日本の女性が外国人に誤解されるような内容となっていた。
処分も発表されたがネットでは、「甘すぎる」「会社ぐるみだろ」「船場吉兆や牛肉偽装よりもひどい」と対応におかんむりだ。

では一体どういった記事が書かれていたのだろうか?
日本語訳した一部内容を紹介しよう。


・母親は受験勉強をする息子の学力向上のために性的関係を持つ
・ファストフードは女子高生たちを性的狂乱状態におとしいれる
・日本の最新の流行は70歳の売春婦
・老人の売春婦の人気にもかかわらず、日本では小学生の売春婦にも仕事がある
・日本では看護婦になると一般的にバイブレーターを挿入して仕事をし、日常的に○×△研修に興じている」
・妻たちは気分転換の目的で昔の恋人に抱かれに行く
・主婦は郊外のコイン・シャワーで売春をしている
・女子高生は、刺激のために下着を着けずに外出する
・日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている
・ティーンたちはバイアグラを使ってウサギのようにセックスする
・24時間オルガズム(性的絶頂)が止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている
・日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る
・かつてパールハーバー奇襲と南京大虐殺を起こした日本政府が、児童性愛者向けのマンガを作ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている。
・OLの72%が、性行為をより堪能するためにトレーニングを受けている

とても書けない部分は伏せましたが、他にも書けない記事が満載…。
一体どんな人が書いた記事なんだろうか…。
これを見た毎日新聞の女性記者はどう思っているやら。

とりあえずこの件を、ネットの炎上問題に詳しい高橋氏に聞いてみた。
-記事に問題があるのは毎日新聞も認めているようですがなぜこんなにも騒がれるようになったんでしょうか?
毎日新聞の謝罪の誠実さが足りなかった点ですね。9年も野放しなのに事の重大さに気づいてないのでしょう。
企業の問題である船場吉兆や牛肉偽装と違って、文字とはいえ国際的に日本人は変態だと誤ったイメージを伝えることを意図的にやっていたわけです。それなのに誰の首も飛ばない軽微な処分で済ませて皆怒り心頭というわけです。
さらには監督責任があった、朝比奈豊デジタルメディア担当・常務が事件発覚後社長就任。
長谷川篤デジタルメディア局長が取締役に就任しています。
局としてこんな問題を起こしてあって何事もなかったかのように栄転とは何事だ!というわけですよ。
こういったことから会社ぐるみで変態記事を書いた・容認したという書き込みも多いのです。
また、2ちゃんねるが云々~ネットで騒がれ~と事あるごとにネットだけの問題と片付けようとしている点がアリアリと見えているのも怒りを買っている原因です。船場吉兆は廃業したよ、じゃあおまえんとこはどうなんだと。
また無関係の社員への名誉毀損で法的措置といったこともありました。
確かにネットユーザー側の問題も大ですしやめるべきです、ですが今それを声高に言うのは対決姿勢を強めるだけで火に油かもしれませんね。
2ちゃんねるの書き込み数やスレッドの進行は過去例がないくらい早いスピードです。2chのニュース速報+掲示板では派生スレッドを除いてパート140です。書き込み数約14万!全掲示板ならを書き込み数50万はゆうにあると思います。」


-誰がこの問題に強い怒りを持っているんでしょうか?
「主に女性です。記事のターゲットになっていたのは女性が多いですし、特にゴシップネタが好きな既婚女性や個別にネタにされた女性看護師なども多いです。
秋葉原通り魔事件も落ち着き暇なネット住民もそれに便乗しています。
元来から毎日新聞(+TBS)にいいイメージを持っていない層も多いのではないのでしょうか。
Mixi等でもこの問題はよく日記で見かけます。
組織的な不買運動や抗議活動が盛んになってきました。」


ー不買運動ですか?効果はあるんでしょうか。
「新聞の不買はもちろん、広告主の不買まで訴えています。今までも報道ステーションやニュース23などで問題があった場合、広告を出してる企業の不買運動がありました。正直今まではほとんど効果はなかったのですが、女性がまとまって抗議となると企業もタジタジです。既に広告取りやめの企業もあり一定の効果があるようです。
既に2ちゃんねるだけで騒がれている云々で片付けられる段階ではないかもしれません。」


ーこの加熱ぶりが収まる気配はあるんでしょうか?
毎日新聞が特に何もしなくても徐々に収束していくとは思いますが、事あるごとにほじくられて一生語り継がれるのではないかと思います。
いまだにネットでネタにされる朝日新聞が自作自演で珊瑚を傷つけた「サンゴ汚したK・Yって誰だ?」記事(1989年)のように。」


なるほど、対応を見誤った毎日新聞は、今後も永久に変態新聞のイメージが付きまとうわけか。

meta(メタ)タグにまで「HENTAI」と埋め込んで検索で引っかかるようにしたり、海外サイトで引用されて誤ったイメージが植えつけられたり、影響を受けて日本に買春しに来る外国人がいたと思われる時点で罪は重いと思われる。
しばらく痛い目を見たほうが日本のためか。


それにしても女性の力は強い!?

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/140-d93e1b59

ZiP+ | Page Top▲

New >>
【毎日新聞】変態記事騒動を右翼政党・右翼団体が利用
<< old
日本人の身長がまた低くなる時代到来か
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。