スポンサーサイト日韓・竹島問題 中途半端に配慮するも韓国は激怒 最悪の結末

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-07 / 時事ニュース > This Entry [Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-15

また竹島である。

竹島領有を教科書に記述する件だが、「竹島は日本固有の領土」との明記を避け、韓国に配慮する形で決着したようだ。
日本のネットの一部ですら、「日本は領土放棄した」「韓国領と(暗に)認めた」とセンセーショナルな書き込みもみられる。
配慮にもかかわらず、韓国の駐日大使は「竹島(韓国呼称:独島)実効支配強化を」と訴え、韓国政府側は大使の本国召還を決定。
韓国的には、竹島のことを日本政府が言ったらアウトといった雰囲気すら感じられる。

せっかく韓国では大阪出身で知日派の李明博(イミョンバク)が大統領となり、日韓の問題解決や歴史教育の改善が期待されていたが、経済の停滞での不透明感での閉塞や、米牛肉問題など、デモ・暴動が絶えない韓国内で、伝家の宝刀「反日政策」が政権支持率浮揚に利用されることも、今後ますます増えそうである。


領土問題は実効支配している方が圧倒的有利なのだから、持たざる日本は言論に頼るしかない
その言論の手を緩めたらそれはすなわち放棄である。

固有の領土と記述する代わりに「北方領土と同様にわが国の領土・領域について理解を深めさせることも必要である」という表現となったようなのだが、残念ながら理解を深めさせる教育も外交活動も
韓国以下といった状態で、期待できないといった書き込みが散見される。
それだけに、今回の中途半端な配慮は日韓双方にマイナスしかならなかった。

領土問題はとても扱い難い件で、相手が怒るのはわかっているのだ。
配慮してもどうせ怒るなら、これまでなく日本領有の根拠や相手の不当さを記述し、激怒してもらったほうが相手も本気さを感じてくれるのではないか?
日本の領土であると教科書に正確に記述して双方同じ目線で平和裏に話し合いをはじめていただきたい。
事あるごとに”竹島”を出され、韓国国民感情と共に言論封殺をされては外交どころではない。
この際、膿を出し切れ。これは従軍慰安婦問題や、歴史認識問題にも言える。

領土問題の譲歩は北方領土や尖閣諸島など、他の領土問題への波及と”新たな”領土問題に直結することを福田康夫と閣僚はわかっているのだろうか。
この配慮は1粒で3回苦い思いをするに違いない。

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/145-01cc29a8

ZiP+ | Page Top▲

New >>
NY原油先物 9ドル超急落 天井を付けたか
<< old
”チンパン”福田サミットで仲間はずれ 成果もなく小物ぶり際立つ
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。