スポンサーサイト【海外旅行】夏休み、行ったら危険な国・割高な国

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-07 / 国際情勢 > This Entry [Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-18

景気も冷え込んでいる昨今、夏休みの予定といえば、
連日家でテレビ見ながら北京オリンピックを観戦、そんな人が多いのではないかと思うが、
あえて、今お得で安全に海外旅行をするならどこが良いのか、とりあえず消去法で選んでみた。


×欧州
特に危険というところは少ないが、折からの円安・ユーロ高・ポンド高で日本からの旅行はかなり割高。
ロンドンの地下鉄が初乗り1000円超というのは有名。
燃油サーチャージ※が特に高い方面。

×中国
大気汚染、水質汚濁等、環境が問題。
謎の奇病が流行との噂アリ(真偽不明)
元々対日国民感情がよろしくないので五輪のメダル争いや日本の応援で一悶着あり?

×韓国
竹島問題で反日機運が高まっている。
国内ではあまり報道されていないが、暴動や日本人殺人予告も出ており、かなりの危険水域。
特に女性は注意。

×オーストラリア
捕鯨問題で豪州人の対日感情が悪化。
「クジラを救え!日本人を銛で撃て」など一部で民族差別がくすぶっている。
豪ドルも高いので経済的にも打撃。

個人的に、この国々は敬遠したい。


※原油高騰に伴う燃料サーチャージの増加では欧州、米国本土が特に影響を受ける
航空会社によって違うが、価格的には欧州・米国本土>東南アジア・ハワイ>中国>韓国 というのが多いようだ

国内旅行かひきこもりがいいのかもしれないが、強いて言うなら、ドル安、バーツ安が進行しており
やはりハワイ・グァム、タイあたりか。タイはインフレ率が高く、安心していられないが。
主要為替の観点で言えば、許容できるのはアメリカ、ニュージーランド、カナダあたり。

でも、金に糸目をつけないなら、欧州でも南極でもいきたいところに行くのが吉(結局それが結論か)

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/147-132ca37a

ZiP+ | Page Top▲

New >>
次の投機マネーの行き先は「円」の可能性
<< old
NY原油先物 9ドル超急落 天井を付けたか
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。