スポンサーサイト豚インフル、パニック防止のために死者過小報告か 現場では医療放棄も

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-04 / 時事ニュース > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-28

先週末より突如降って沸いたような新型の豚インフルエンザだが、中心のメキシコの情報がどうも遅い。

なんか臭いなぁと思った矢先、BBCの投書やらを見てみると
やはり、パニック防止の観点から患者・死者の過小報告や情報規制を行っていたようだ。

投書をした医師らによると、

4月25日の時点で、死者は200名以上。
医師や看護師など病院勤務者が19名以上亡くなり、医療スタッフが現場から去っている。
一つの病院で20代~30代の若者が1日に3、4人亡くなっている。それも、3週間以上。(単純計算で60名以上死んでいる計算)
ワクチンは全く効かない。

などといったことが書かれている。


メキシコ国内の感染者数の割に、外国人感染者が多いのも、隠蔽が疑わしい点だろう。

問題なのは、医療関係者の死亡や勤務自粛で
治療が遅れた死者が大幅に増えるのではないかということだろう。
病院勤務の方だって、自分の命は大事にしたいだろう。
治療をやめても非難はできない。


メキシコのマスク普及率の低さもあるだろうが、
当初1~2%と見積もった致死率だが3%くらいに上がるのかもしれない。
それとも既にそのくらいあるのだろうか。

ああ怖い。

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/168-d7115f77

ZiP+ | Page Top▲

New >>
ドコモパケ放題価格改定 だが大半のユーザーは落胆
<< old
豚インフルエンザ関連銘柄表
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。