スポンサーサイト一本調子の踏み上げ相場は終了か

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-05 / 株式・金融 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-13

最近の上げ上げ相場だが、踏み上げが一段落して、調整色を強めてもいい頃合のように感じる。

ドル急落…円安ドル高が一服か

1ドル99円台まで上げていた為替市場だが、日足チャートが三尊天井を形成しつつある。
このままドルが下落すると、輸出銘柄中心に調整色を強める可能性が高い。
トヨタなど海外輸出依存度が高いメーカーは、悪決算+円高で下げ足を早めるのではないか。


1バレル60ドル…原油高が復活しつつあり

投機マネーが再び流入してるのではないか。
昨年までに比べ、メーカーの体力は落ちており、破綻も懸念される。
ただでさえ不調な製造業はもとより、ディフェンシブの電力関連銘柄などの業績を圧迫する可能性がある。
製造業がこれ以上落ち込むと、素材、鉄鋼、非鉄金属などにも波及するか。


ストレステストの信頼性に疑問符

一方、FRBがストレステストで米大手金融の資本不足額を圧縮(粉飾?)していた疑いなどもあり、
株価に反応すれば、特に好調だった国内の金融セクターに波及する可能性もある。
過熱感も相当なものだった分、一旦下に向かうと調整は大きいかもしれない。


決算は厳しいものが多く、実体経済が上向かない限り、この調子の上げの持続は難しいだろう。
海外指標に底打ちの兆しが見えたとは言え、戻り相場が加熱すれば”バブル”に他ならない。

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/173-5c251e36

ZiP+ | Page Top▲

New >>
シャープがモニター募集を餌に個人情報と次世代PCのアイデアを収集?
<< old
豚インフル、GW後日本で大流行の予感
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。