スポンサーサイト日本での夏季オリンピック、今回逃すとチャンスなし?

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-09 / 時事ニュース > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-28

2016年の夏季オリンピックは東京、シカゴ、リオデジャネイロ、マドリードの4都市で招致合戦を繰り広げているが、今回は、珍しく当選の可能性が高いと言える。
ただし政官民が一致して本気になっていればの話だが…。

まず、民主党は、この件に積極的ではない。

世論の五輪招致熱は4都市で最低。
生活不安が国民を直撃している中、他人のスポーツ大会などどうでもいいのが本音か。

目だった実績がない石原慎太郎都知事、これにかける熱意はすさまじく、鳩山政権をヨイショしてみたりと、とにかく、必死。
もっとも、石原知事は開催時には政治から引退している可能性が高い。
成功するのか失敗するかは、未知数なのだが、バトンをつなぎたいのだろう。

石原知事が必死なのはさておき、政・民の消極性はIOC関係者側にも伝わっているだろう。
本来であれば、第1次選考トップの東京に決定でおかしくないのだが、上記を勘案すると、負ける可能性も高くなってきた。

新興国の台頭と日本の凋落による発言力・影響力の低下、政権・世論の五輪招致への消極性、日本の借金・自治体の財政難、…これらを考えると今回逃すと、もはやチャンスはないように思える。

最後になるかもしれない東京オリンピック。開催地は10月2日、IOC総会で決まる。

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/192-f51e645e

ZiP+ | Page Top▲

New >>
パナソニック内定の神戸大生によるホームレス襲撃、ヤラセなら許されるのか
<< old
20代の1日の食費平均は1120円 酒井法子容疑者は1179円(税金)
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。