スポンサーサイト消費者金融暗黒時代 それなら業容転換を!?

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-11 / 株式・金融 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-11-06

大手消費者金融の9月中間決算が出揃ったが、どこも大幅な赤字だ。
最終赤字アコム2821億、プロミス1594億円、武富士1095億円、アイフル1795億円という。

従来は黒字見通しだったが、灰色金利グレーゾーン金利)返還のための引当金を積み増し、
巨額の特別損失を計上するので、大幅な赤字転落となるそうだ。

今日、4社の株価は揃って下げ、底なしの様相となっている。

中学生・高校生のための金銭感覚養成講座 中学生・高校生のための金銭感覚養成講座
武長 脩行 (2003/11)
同友館
この商品の詳細を見る



図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本 図解入門業界研究 最新クレジット/ローン業界の動向とカラクリがよーくわかる本
平木 恭一 (2006/01)
秀和システム

この商品の詳細を見る

<業界の最新常識>よくわかる クレジット&カード業界 <業界の最新常識>よくわかる クレジット&カード業界
増渕 正明 (2004/01/22)
日本実業出版社

この商品の詳細を見る



大手ですらこの有様なので、資本力のない中小業者はどうなのだろうか?
グレーゾーン金利返還分を支払う余裕はなく会社を畳むところも増えるだろう。
既に、近年は大手の寡占化で事業者の数は、1985年と比べて3万以上減少し統廃合が進んでいるようだ。

また、イメージも良くない。
厳しい取り立てが一部で表面化して貸金業者への風当たりも厳しくなった。
何かあったらすぐ、消費者センターや金融庁に苦情が行く。

ーーーーーーーーーー
…筆者も若いころはお金の取立てに悩まされた。
信販系のクオークの前身や某A+には、保証人でもない実家にも連絡されたりで参った。
まあ延滞した自分が一番悪いのだ。
以降は急場でも消費者金融は控えるようになった。
現在は、世間も厳しいため、取り立てもいくらか良くなったとは思いたいものだが。
ーーーーーーーーーー

とまあ、まさに四面楚歌といった感じの貸し金業者だが、打開策はあるのか?


自民党の族議員を動かして灰色金利を合法化させる手は?
これはイメージが良くないし反対も多く、貸し金業にはかえってマイナスのような気がする。
それならば、決められた利息でやりくりした方がいい。

やはり「寄らば大樹の陰」で大手への吸収や、合併を望む企業もあるだろう。
目指すは超巨大消費者金融である。ほのぼのディック武プロアイコムくらいやってもらいたい。
銀行と同じでメガバンクならぬ、「メガ消費者金融」…いや語呂が悪いから「メガサラ金」「メガ街金」がいいか。
だが、大手も赤字がきつく、武富士などATMを減らす業者もあるため、大手は必ずしも統廃合を望んでいるとはいえない。
返済責任が増えるだけならどこも合併しない。

ならば他業種への吸収合併で子会社になるという手もあるが、イメージが良くないので、合併したいところがあるかどうか。

となると業容変更だろう。
投資会社になったり製造業になったり、とりあえずコンサルティング。何をコンサルトするかわからないけどコンサルティング。
音楽はどうだろうか。声優だけの新しいレーベル「シティゴールド」を立ち上げる。しょこたんもゲストだ。これは流行る。
誰が流行らす?2ちゃんで宣伝だ。オタクをターゲット。

羽賀研二じゃないが宝石でも売ったらどうか。
ロシアサハ共和国でダイヤモンドや金鉱採掘!
なんともロマンがある!(注:サハダイヤやイチヤのことではない。)
間違っても株券を刷るのが本業になってはいけない。(注:改めてサハダイヤやイチヤのことではない。)


合併したり業容を変えても、灰色金利返還の支払い義務は発生するので、
よほど良心のある企業だけしかやらないのかもしれないが、そんな企業はどんなに業があっても応援したい。
最も、首の回らない企業が、新しいことをやる体力なんてないだろ!
ごもっともである。

でも筆者は思う。
消費者金融の大規模農業事業者、環境対策会社、マグロ漁船などがあってもいいじゃないか、と。


この記事酒飲みながら書いたでしょ?
正解。

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/46-be107611

ZiP+ | Page Top▲

New >>
ミクシィユーザーはカモ? 足あと裏技の顛末
<< old
ネット視聴率 3位がLivedoorはホント?
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。