スポンサーサイト『パフューム -ある人殺しの物語-』を観た - 11/29 USEN株主映画試写会

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-12 / 芸能・音楽・映画 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-01

29日、中野サンプラザでUSEN株主総会後、株主映画試写会として上映された、『パフューム -ある人殺しの物語-』を観た。

株主総会より人は多かったようなイメージもあるが定かではない。
(総会での入場券番号は2400番台だが、映画試写会は2000人弱といったところか。)

上映映画の情報


題名:「パフューム -ある人殺しの物語-
監督:トム・ティクヴァ
原作:パトリック・ジュースキント著「香水 -ある人殺しの物語-
出演者:ベン・ウィショー 、ダスティン・ホフマン 、アラン・リックマン 、レイチェル・ハード=ウッド
サントラ・音楽:サイモン・ラトル指揮/ベルリン・フィルハーモニー楽団
字幕翻訳:戸田奈津子

配給:ギャガ・コミュニケーションズ

備考:R12指定




パフュームの原作本は、世界45カ国で1500万部も出版された大ベストセラー作のようで、
スピルバーグやスコセッシが映画化権を熱望したそうなのだ。
入場の時頂いたパンフレットには「本年度アカデミー賞 最有力!!」と書かれている。

ちなみに同時に貰った『BABEL』(バベル:ブラッド・ピット、役所広司出演の映画)のパンフレットにも「本年度アカデミー賞最有力!!」だ。
一体、アカデミー最有力がいくつあるのか、大安売りされすぎではないのか?

GAGAの映画パンフ担当者は、余程キャッチコピー発想が欠乏しているのだろうか?
こんな紹介のされ方では全米も泣くだろう。


それはさておき、背の高い人が前に来ると字幕が見えなくてなんか損した気分になった。


香水―ある人殺しの物語 香水―ある人殺しの物語
パトリック ジュースキント (2003/06)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


それもさておき、映画の感想
序盤・グロテスク
中盤・面白イタリア人調香師登場
ラスト・なんだこりゃ(笑)

といったところだろうか。


感想・気になったところ
人殺しの~と書いてある割りに殺す描写は単調で省略も多い。簡単に死にすぎ。
殺した後の行動に主を置いているせいかもしれないが。
殺されるほど口をふさがれれば、汗や尿などが出て体臭も変わるような気もするが?
あと生きてるときと死んでるときの匂いの違いというのはないのか?
その辺は細かすぎるからどうでもいいか。

匂い・臭い・香りといった形のないものが主であるので
主人公が鼻を鳴らすシーンが目立つが、あとは表現が難しいのだろう。
人間の肉体への執着は薄い。

ラスト、主人公(ジャン=バティスト・グルヌイユ)が、自分が生まれたパリの魚市場に戻る。
お前は鮭かと。
その前の処刑シーンはありえないと思った。
でもそのありえなさが面白い。

若くて美しい娘から作った香水とは一体どのような香りがするのか気になるところだが、
個人的には生きている美しい娘の(略)


音楽は重厚だ。時代背景が18世紀パリということもあり、まあマッチングしているのではないか。
中盤のイタリア人調香師な出てくるあたりは、香水が持つ消えてなくなりそうな軽さに合わせて軽妙な音楽があるとよかったのではないかと。

総合的
個人的には久しぶりの映画ということもあり臨場感や楽しめた部分は多い。
内容的には、特異な体質の人間の猟奇的な殺人という点で、『羊たちの沈黙』とそのシリーズを思い出す。
パンフレットには「アカデミー賞最有力!」が表裏に使われているが、ご丁寧に「羊たちの沈黙」を凌ぐ禁断の衝撃作!とも書かれている。
が、別にアカデミー賞にならなくてもいいやという感想。
多分ならない。きっとならない。絶対ならない。

USEN株主が言うのもなんだが。


結局、株の含み益も香水の匂いもあるうちに楽しんでおけということなのだろう。


香水―ある人殺しの物語 香水―ある人殺しの物語
パトリック・ジュースキント、パトリック ジュースキント 他 (1988/12)
文藝春秋

この商品の詳細を見る

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/57-8b7de3b7

ZiP+ | Page Top▲

New >>
ライブドア定時株主総会通知 …株式会社「再生」に社名変更?
<< old
USEN株主総会 レポート
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。