スポンサーサイトぬるぬる秋山成勲ついに「失格」 まだ違和感の残る裁定

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-01 / テレビ > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-01-11

当サイトでも何度か取り上げている、ダイナマイト!!の秋山成勲-桜庭和志戦について(ホント好きだねぇ)。
前々から油塗布疑惑や違反グローブ疑惑が取りざたされている格闘家の秋山成勲だが、
ついにK-1HERO'S主催者のFEGは会見を開き、ノーコンテスト・失格・ファイトマネー没収の裁定を伝えたようだ。


主催者側から発表された秋山の疑惑に対する検証結果

油塗布疑惑について

Sportsナビの記事によると

K-1主催者側は「ワセリン、タイオイル等の塗布はなかったが、スキンクリームを塗っていた。秋山の認識不足で悪意ではなく過失」



などとするが、ならば堂々とスキンクリームを塗っていますと言えば良かったのであって、
「多汗症で滑ったんじゃないの?」などというコメントは、違反の後ろめたさを隠すためと受け取れる。
結局のところはわざとやっていた可能性高い。

失格・ノーコンテストとはするものの、裁定は常習犯の秋山選手にまだ甘く到底納得できるものではないだろう。
「多汗症」云々の嘘に対する罰として永久追放処分が妥当ではないかという声もある。



ペペローシヨン 360ml ペペローシヨン 360ml
()
ACE01

この商品の詳細を見る


検証続き…

違反グローブ疑惑について

Sportsナビの記事によると、

「グローブ、バンテージとも問題はなかったが、ウォーミングアップ時にロゴ部分がはがれた(映像により確認)ことが事前のチェックで見逃されたために、混乱を生じる結果となった」



ということのようだが、掲示板や検証サイトの画像では、グローブ内が異様に膨らんでいたり、メリケンサックのようなものが見えたりと、
まだ不透明な部分が残っている。このコメントで納得する人は少ないのではないか?

----------------------------
追記

K-1オフィシャルOFG(オープンフィンガーグローブ)
を製作する格闘技用品イサミ電話をした人がいたようだ。


それによると、ISAMIの電話担当者は、ロゴについて、

「K-1公式OFGを含めロゴは熱転写によって貼り付ける。
皮には直接染み込ませることができないので、この方法を用いる。」
「熱転写技術はかなり成熟しているらしく、通常では剥がれ落ちない
熱転写で貼り付けた以上、再度熱をもって剥がそうとすれば可能。それ以外には鋭利な刃物を持って「削ぎ落とす」以外方法はない。」



などという応答をしたようだ。
簡単にはがれ落ちるものではないということは、今回の主催者側コメントと食い違いがある。

--------------------------

レフリーや審判団について

Sportsナビの記事によると、
「グローブチェック、ボディチェックを見過ごした審判員、桜庭のアピールに対応しなかった審判員(サブレフェリー)にそれぞれギャランティの50%を没収」
「グローブ、ボディチェック両面でミスがあった審判員1名は6ヵ月間の職務停止処分」
HERO'S審判団全員に厳重注意」
「試合ストップのタイミングに関して梅木良則レフェリーに過失はない」

ということのようだ。
これも甘い。グローブやボディチェックが満足にできない審判などいる意味が無い。
全員解雇・契約解除が妥当だろう。
グローブ、ボディチェック両面でミスがあった審判員とは梅木氏のことだろうか?
実名が上がっていないので、憶測でしか語れないが。
梅木氏のブログは、炎上しコメントが18000近くになっているが、まだ反応は無い。
何らかのアクションを起こしてほしいものだ。


==================================

主催者側やセコンドは共犯か?

J-CASTニュースの記事によると、「(疑惑を取り上げた)デイリースポーツは飛ばしすぎ」「騒いでるのは2ちゃんねらーだけ」

など、メディアへの圧力や、ブロガー・ミクサーやその他格闘技ファンの声切捨てをうかがわせる記事だった。
そういうことから、失格処分も期待していなかったので、正直これは意外だった。
今回の手のひら返しは、主催者側の意向ではなく"主催者側を動かす組織"の意向で覆った可能性も否定できないが。

グローブの件など粗が目立つ見解で、今後の成り行き次第では組織ぐるみでのイカサマが浮き彫りになるかもしれない。


セコンドの清原和博はつきっきりだったと予想されるので共犯の可能性が高い。
「清原選手に捧ぐ勝利!」が「清原選手も関わった不正?」へと一変。
男を下げてしまっただろう。本業の野球で汚名返上するしかないだろう。

TBSは?

放映したTBSは、この件についてどの程度まで把握していたのだろうか?
梅木レフリーから接待についてコメントが無いが、
記事が削除されたことから、なんらかの接点があったのかもしれない。

だが、一番の問題は再放送で放映時間の半分以上も引っ張ったことだろう。
なんとかしてもらいたい。


秋山の謝罪、桜庭の反応は?

Sportsナビの記事によると、秋山は、

「何の弁明の余地もありません。桜庭選手、申し訳ありませんでした。どんな処分も受けるつもりでいました」と頭を下げた。また桜庭に対しては謝罪の意を表明した上で、「笑ってまたリング上で向かい合うことができたら」



だそうだ。

また、桜庭は、

「こちらは正々堂々と試合に臨んでいるのに、このような結果になったことに対しての今回の処分内容に関しては納得しておりません」
「イベント関係者、清原選手、一緒に入場した子どもたち、ファンの方に対して、謝って済む問題ではないけれど、謝ってほしい。ボクはリングに立つときは正々堂々とやりたい。ただそれだけです」



とコメントを出した。


今回の裁定は納得できるものではないが、ぬるぬる疑惑についてはひとまずの決着と見る。(グローブ疑惑はまだまだ燻っている)

今後は、秋山に対する風当たりも厳しくなると思うので、次の試合があるとすれば正々堂々とやっていただきたい。
ヒール役で売り出すのも悪くないかもしれない。
桜庭のコメントはさすがだ。
殴られ損なので納得してないとは思うが、気を取り直して次は憂さ晴らししてほしい。
それにしてもいつも打たれているイメージがあるので、ダメージ、後遺症が心配ではあるが。


秋山と桜庭の今後に注目だろう。

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/70-37ca4df3

ZiP+ | Page Top▲

New >>
オーマイニュース鳥越編集長辞任? 話題作りの可能性も
<< old
Dynamite! 秋山成勲ぬるぬるに続き違反グローブ疑惑も
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。