スポンサーサイト新たなる新聞のライバル? 市民ニュースサイトの台頭

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-04 / 時事ニュース > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-11

"市民記者" "パブリックジャーナリスト(PJ)" こういった人が活躍するニュースサイトの数やアクセス数がじわりと伸びている。
大手メディアにはないマニアックな記事や、斬新な切り口の記事が好評だったりで、人気記者もそろそろ出ようかというところだ。

こうした流れになって、既存のメディアにどういった影響があるのだろうか?


まずは、一体どのような市民メディアサイトがあるのか、一部を載せてみる。

livedoor PJニュース
http://news.livedoor.com/category/date/38/
ポータルサイトだが、PJニュースというコーナーがある。
300人を超える市民記者がいる。
ライブドア事件後の部門整理で自社報道部門を廃止したが、PJニュースは好評なため存続。
市民記者のメディアとしては一番アクセスがあるようだ。

・JanJan
http://www.janjan.jp/市民記者オンリーのニュースサイト。
新聞社のサイトみたいな作りでいいと思うが、市民記者サイトらしくコラム的なものが多い。


オーマイニュース
http://www.ohmynews.co.jp/
ジャーナリストの鳥越俊太郎が編集長を務める。
1500人を超える市民記者がいる。
サイト作りは上記サイトと比べるとイマイチな感がある。(好みによるか)

・Brain News Network
http://www.bnn-s.com/北海道のニュースサイトだが常勤記者がいる他に市民記者も募集しているようだ。
盲目の市民記者が活躍している。



こうした市民メディアの利点や大手メディアとの違いは何なのかニュースサイトに詳しい高橋氏に聞いてみた。

「(メリットは)主に、書かれた記事に対する報酬だけか無報酬な場合もあるので、人件費があまりかからない点です。
人件費がかからないので、その分多くの人を登録することができます。これで、話題に幅が出ています。
問題点は、情報の検閲が緩いサイトが多いことですね。これは逆に良い点とも言えるかもしれませんが。
思想や嗜好が偏った記事や、…あ、これは大手もですね(笑)…SNS・掲示板で話題になったことの記事では引用が曖昧なものも多いです。
あとは、どちらかといえばニュースよりすでに起こった事象のコラムが多かったり、独自の通信網がないので海外の話題はやや弱いかもしれません」(高橋氏)

なるほど、

最後の点については2ちゃん主催の西村博之氏も言っていた。

"市民記者の投稿記事は、マスコミが流した情報に関連する二次的な情報が多く、当事者発信メディアになり切れていない"(西村氏)



引用元…
ひろゆき氏「市民メディアはマスコミに勝てない」 (1/2)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0603/13/news023.html


次に、こういったサイトは大手マスコミのライバルとなりえるのかも聞いてみた。

「現在は大手マスコミが伝えないようなニュースや話題も多く、競合段階ではないと判断していますが、今後はどうなるかわかりませんね。」(同氏)

だそうだ。しかし大手は安心出来ないと個人的には思う。
最後に、今後の展望を聞いてみる。

「市民メディアはまだ増えると思います。そうなるとサイト間での閲覧者の取り合いも加速すると思います。記者の引き抜きもありえます。
また、アクセス数が広告料に直結するので、宣伝も激化するでしょう。
現在は、著作権を無視してまで2chmixiなど、他サイトへの記事転載が増えています。-あまりにも増えたので一部は関係者がやっているとも噂されてますが-
あとはやらせや捏造記事への対策がまだまだだと思います。TBSなどはそれで集中砲火ですが、こういった市民サイトが問題に直面したときどういった対処ができるか。
これからは、魅力あるサイト作りや付加価値をつけるために、「市民メディアサイト同士の提携」「ツールバーやデスクトップツールの開発」「地域に根ざしたPJの採用」「ヤフーニュースのようなニュース集積サイトへの配信」
などといったことがより意識されるかもしれません」(同氏)

また同氏は市民メディアとは言えないが、新興の「J-CASTニュース」などが台頭してきている点にも言及していた。

共同通信が配信するニュースのコピーがほとんどのような金太郎飴ニュースサイトに魅力はあるのだろうか?
既存メディアはうかうかしていられないだろう。


(ところで、この記事を推敲も読み直しもしなかった自分はやはりPJ失格だ)

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/84-f8ce2907

ZiP+ | Page Top▲

New >>
ビルゲイツ訪中で見えてくるもの
<< old
都知事選後の総評、メディア・ネットの雑音
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。