スポンサーサイト「重工業」「帝都」…カタカナ語大氾濫…だからこそかえって、渋い名称に注目が集まる時代?

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-04 / 時事ニュース > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-17

今の世の中、カタカナ・ひらがな・ローマ字が持てはやされている。
新聞の記事を見ても難しい漢字がひらがなで書かれる時代だ。

しかし、あふれる軽薄なカタカナ語やアルファベットに対して、重厚な漢字の名称がかえって好評な場合もあるようだ。


毎日-MSNの記事
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20070416k0000e040057000c.html
によると、

大学の学部名や学科名がカタカナになるケースが最近多いそうだ。
大学側は他大学と差別化を図りたいらしいが、少子化による学生確保に必死なのだろう。

「異文化コミュニケーション学部」「グローバル・メディア・スタディーズ学部(駒沢大)」「ホスピタリティ・ツーリズム学部(明海大)」「シティライフ学部(宇都宮共和大)」「キャリアデザイン学部(法政大)」「ライフデザイン学部(東洋大)」


差別化は図れただろう。
しかし何をするのかわかりづらい。
それが課題だと思う。



市町村合併でもひらがなが多い。
平成の大合併の号令の下、統合されたついでに、新市町村名としてカタカナ、ひらがながつけられるケースも多い。
「みどり市」「南アルプス市」「つがる市」「さぬき市」など
市町村名がカタカナ、ひらがなに
これらの市町村名はおおむねパッとしない、ダサい、歴史が感じられないと評判だ。



一方、企業では「石川島播磨重工業」が「IHI」に変更になるようだ。
渋くて評判だったが、IHIは通称として言われていたので利便性から言って仕方ないだろうか?
他に
「南野建設」が「A.Cホールディングス」になったり
「麒麟麦酒」が「キリンホールディングス」になったり
「同興紡績」が「プロジェ・ホールディングス」になったり、
「軽貨急配」が「トラステックスHD」になったり、
「東陶機器」が「TOTO」になったり(ブランド名が社名になったのか)、
「自動車鋳物」が「アイメタルテクノロジー」になったり、
枚挙に暇が無い。

とにかくホールディングスをつけるのが流行っている。
持株会社化するところが多いのでこれも仕方ないかとは思うが、
新興企業が連日安値更新してる中、安易にぽっと出の新興会社のような名前をつけるのもどうかと思うが。

逆に言えば、新興IT企業などが帝都電子計算機産業株式会社などと言っても似合わない気もするが。



護衛艦なども平仮名だ。
「きりしま」「こんごう」などなんとなく軟らかそうだが、漢字が中国伝来なので(平仮名、片仮名もそれがくずれたもののようだが)やむを得ないのか。

ちょっと前までは「東京メトロ」も「帝都高速度交通営団」だったのだが、既に忘れかかっていた。



一方で、渋いと評判のあるもの
殺虫剤の「キンチョール」や蚊取り線香「金鳥の渦巻」などで知られる会社の名は「金鳥」ではなく「大日本除虫菊」という社名だ。
なんとも渋く歴史を感じさせる。
「大日本」「帝都」という呼称は戦前に多かったからかもしれない。

同じく大日本がつく「大日本印刷」などもそうだろうか。
こちらは情報漏洩で大変だが。

「川崎汽船」など、最近 "汽" という漢字を見ないのでどことなく郷愁を感じる名前だ。

いっそこれらの会社は、社屋も和風にして日本庭園をつけたりしてもらいたいものだ(笑)



だが、渋い漢字名でもURLなどに使うヘボン式ローマ字だとやはり気抜けしてしまうのはいた仕方ないか。
Ishikawajima Harima Jukogyo

おっと、社名の話が多くなってしまった。

新設するものは横文字でも仕方ないが、既存のものを安易な横文字ネーミングで歴史も重みもぶち壊してしまわないように気をつけたほうがいいのではと思う。


ただ、こんなことを言ってる筆者も、いざ漢字で書けと言われると頭を抱えてしまう…ああ情けなや。

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/90-144390f8

ZiP+ | Page Top▲

New >>
株で勝つ秘訣 「新興市場は存在しない」と思うこと
<< old
Windows Vista切り捨て? サポート期間短縮か
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。