スポンサーサイト夕張市長選 羽柴秀吉氏、僅差で落選に「残念」「もったいない」の声多く

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-04 / 政治 > This Entry [com : 0][Tb : 1]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-23

泡沫候補の雄、羽柴秀吉こと三上誠三氏が夕張市長選挙に出馬したが、
約350票差の僅差で敗れた。

これは果たして意外だったろうか?
だが、筆者は羽柴氏が当選してもおかしくないと思っていた。



開票結果 開票率100%
3,330(37.3%) 藤倉 肇 66 無所属 新 1 (元)会社社長
2,988(33.4%) 羽柴 秀吉 57 無所属 新 建設会社社長
1,157(12.9%) 千代川 則男 59 無所属 新 医院事務長
773(8.7%)   若林 丈人 62 無所属 新 (元)予備校経営
461(5.2%)   森谷 猛 72 共 産 新 (元)夕張市議
187(2.1%)   鴨川 忠弘 68 無所属 新 (元)大西町会議長
40(0.4%)   作出 龍一 33 無所属 新 (元)工場作業員




羽柴氏は、ホテル・観光・土建業の社長をしており、金箔を食べたり青森に城みたいな自宅を構えていることで有名。選挙によく出る人だ。
成金ぶりには閉口するが・・・。

本当か嘘かはわからないが、羽柴氏は、私財100億を投じると言っていた。(寄付はできないので別の方法で貢献するしかないが)

また、奇抜で型破りな人柄なので、宮崎の東国原知事ほどじゃないにしても、マスコミを集める力は普通の人よりはある。
経済効果は数千万円から数億円はあっただろう。




見た目で損をしているが、彼は平時の人間ではなく非常時向きだろう。
多少質が悪いかもしれないがエネルギーに満ちている。
丁度、石炭を掘っていた時のように。

いつもなら「また落ちたか(笑)」なのだが、今回は空気が違った。
僅差の次点で落選したが開票序盤はトップだった。
ネット上では意外な健闘に「一回やらせたら面白かった」「(私財を投げ打ってくれるのに)もったいない」という話も多かった。

もっとも、「目立ちたいだけ」「人や金での話題集めではなく政策をしっかりと」「本気なら4年夕張で働け」という冷ややかな意見も多い。


実際言われると、そう思うところもあるが、しかし、今回の"実績"は今後の選挙にもプラスとなるのではないかと思う。


当選した藤原氏はどう見ても非常時のリーダーには見えないが、
打開策を打ち出し是非とも夕張を復活させてほしい。
藤原でよかったと思える夕張にしなければいけないのだ。
国や道に寄生して生きていくだけなら夕張はいずれ力尽きるだろう。


彼に投票した夕張市民は4年間夕張のために動いてほしい思っているだろうが、落選で彼を縛っているものは何もなくなった。(動いたら次は当選すると思うけど・・・)

名は体を表すではないが、泡沫候補からはじまってナンバー2になった。
とくれば次は当選、そして国政か?
さて、羽柴氏は次どこに"出陣"するのか見ものだ。

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://ziplus.blog78.fc2.com/tb.php/93-69f09eb6

burogunyu-su

わんわんがペットリンクを運んでくれました。 ...

ブログやブログパーツに掲載する時事ネタニュース : 2007-04-23 23:19

ZiP+ | Page Top▲

New >>
特価という誘惑 そして罠 ~秋葉原編
<< old
ヒゲの永久脱毛が1000円だったので電話してみた
スポンサードリンク
スポンサードリンク

お気に入りサイトリンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。